発注書を
資金化

POファイナンス®

発注書を資金化

OVERVIEW

ビジネスの過去
ではなく、
今そして
未来を活かす

PO(purchase order=受発注)ファイナンス®は、発注企業、納入企業、金融機関をインターネット上でつなぎ、受発注書を電子記録債権化することにより、これまでは難しかった金融機関による受発注時点からの担保融資を可能としたサービスです。

これにより、納入企業は、資金繰りの悩みが軽減され、安心して事業を進めることができます。

POファイナンス®とは

POファイナンス®とは 従来の早期資金化

MERIT

POファイナンス®︎のメリット

該当するお立場のタブを押してください

納入企業
発注企業
金融機関

1
受発注時に融資が受けられる

過去の決算書ではなく、将来に確定する売掛債権を担保として、手形割引より早い受発注時点での融資が受けられます。

2
事業性評価に基づいた
低利融資が可能に

発注者側が信託銀行を通じて直接、融資の返済を行う仕組みであるため、財務内容より対象事業の事業性が重視され、発注先の信用力に基づいた低利融資の可能性が広がります。

3
増加運転資金に対応し
高成長を実現

通常の金融機関融資では仕事の増減に対応した融資は難しく、大きな仕事の受注には資金繰りの悩みが伴います。POファイナンス®なら、受注時点で規模に応じた融資が可能になり、資金繰りの悩みを軽減できます。

1
会計上の認識は従前どおり

検収まで支払いを留保できる権利を付けた抗弁権付電子記録債権の発生により、検収まで発注企業の債務は確定させる必要はありません。

2
面倒な前払金(前渡金)
が不要に

金融機関の融資が、これまでの前払金(前渡金)に代わります。
これにより、下請けの資金手当てや与信管理を気にせず、大口の発注も安心して行え、納入企業も喜びます。

3
少ない負担で協力企業の
囲い込み

発注企業には、電子記録債権の操作(発生・変更承認)と支払口座の変更にご協力いただくだけで、費用負担は一切なく、納入企業の資金繰り支援ができます。

1
将来債権を
電子記録で見える化

発注者が承認した電子記録債権のため、偽造発注書、二重譲渡のリスクがなくなり、融資審査に際し債権の存在や権利の帰属者の確認に手間とコストをかける必要がなくなります。

2
資金流用のリスクなし

発注企業の支払いを決済銀行(信託)に変えることで、決済銀行(信託)が金融機関に直接、融資金を返済します。
そのため、回収資金の流用リスクが無くなり、紐づき回収が可能となります。

3
納入企業の倒産リスクを回避

債権確定後は納入企業の倒産リスクから隔離されます。

4
信用保証協会の保証対象に

納入企業の納品不能や、納入企業または発注企業の倒産リスクに備えて、一般保証枠とは別枠で流動資産担保融資(ABL)制度が利用できます。

提携金融機関

POファイナンス®をご利用いただける提携金融機関の一覧は、以下となります。(随時更新)

政府系金融機関

開く

閉じる

商工組合中央金庫公式ホームページ
地方銀行

開く

閉じる

横浜銀行公式ホームページ
広島銀行
第三銀行公式ホームページ
中国銀行公式ホームページ
西京銀行コンサルティング事業部:0834-33-3300公式ホームページ
福岡銀行公式ホームページ
静岡銀行
信用金庫・信用組合

開く

閉じる

城南信用金庫公式ホームページ
西武信用金庫公式ホームページ
大阪シティ信用金庫公式ホームページ
朝日信用金庫
豊田信用金庫
審査部 0565-36-1382
文化産業信用組合公式ホームページ
ノンバンク

開く

閉じる

株式会社セゾンファンデックス※東京・大阪での契約が可能な方公式ホームページ