FOR FINANCIAL INSTITUTIONS

金融機関の方

Tranzaxは、国から5番目に指定を受けた電子債権記録機関を傘下に有す、独立系フィンテック企業です。

電子債権記録機関は、企業間取引の中で発生する受発注・請求・支払に関する商流・金流データやそれに付随する多くの事項を電磁的に記録することができ、記録された内容は電子法務局としての地位を担います。

先行した4社は、一括決済方式や手形決済の電子化に目的を限定して記録機関を活用してきました。

それに対し、弊社は、手形以外のあらゆる領域において電子記録債権を活用することで、日本の中小企業や地域金融機関の電子化の流れを促進します。
また、指名債権を電子記録債権化することにより債権の存在や帰属が可視化できるという特長を生かし、電子記録債権を担保とするユニークな融資商品を豊富に品揃えし、地域金融機関の皆様にご利用頂いております。
さらに、弊社独自のIT技術により、商品は全てクラウドでのサービス提供となっており、インターネット環境さえあればご利用可能です。金融機関の皆様に於かれましても、電子記録債権の活用により対抗要件具備のための面倒な登記手続きが不要となるほか、返済資金の流用リスクを回避する信託を介した決済手段の導入により回収業務の省力化と保全策にも好評を得ております。

新型コロナ感染症拡大により影響を受けた一部の企業に対しましては、財務諸表をベースとした伝統的な融資手法以外にも、取引先の信用力を活かせる売掛債権を活用した法人向け商品の品揃えが今後重要になると思料します。
ポストコロナの融資商品として、特にPOファイナンス®のご採用をご検討願いたく存じます。