Tranzax、損害保険ジャパン、電算システムで三者間業務提携の上、集合債権ファイナンスサービスを開始しました

本日、Tranzax、損害保険ジャパン、電算システムは三者間業務提携契約を締結し、複数の売掛金(集合債権)の「担保融資」「ファクタリング(債権買取)」いずれも対応可能な新規商品”集合債権ファイナンスサービス”を開発、順次全国の金融機関への案内を開始することになりました。詳細は下記をご覧下さい。
20200515_PressRelease

Transaction Finance

TOPへ戻る