東京都の動産・債権担保融資ABL制度の新たな専門機関に、10月1日より弊社子会社の(株)電子債権応用技術研究所が加わります

東京都では、中小企業に幅広い資金調達の選択肢を提供するため、様々な事業用資産を担保として活用できる東京都動産・債権担保融資(ABL)制度を実施しています。
そのうち、売掛債権について担保評価や保証を行う専門機関として、弊社子会社の(株)電子債権応用技術研究所(代表取締役研究所長 田中丸 修一 https://www.emcat.jp/)が選出され、10月1日より取り扱いを開始いたします。
詳しくはリンク先ファイルおよび東京都産業労働局のホームページをご覧ください。
20190927_toseipress

Transaction Finance

TOPへ戻る